カーナビはプラス査定になるのか

車の売却を考えた場合、車についている装備が査定額に影響するのか気になるところです。
特に、高額製品のカーナビの査定が気になります。
ナビは査定の時には、純正品なのかそれとも後付け品なのかをチェックされます。
純正品のほうが高く売れると思いがちですが、結局のところ機種の性能の占めるウエイトが大きくどこのメーカーのナビかいつの地図なのか、ハードディスク式かブルーレイ対応かなどが査定ポイントになり新しく人気な機種ほど高評価を受けます。
しかし、査定価格の中でカーナビの占める割合は走行距離や年式などに比べるとさほど大きくありません。
現在、ナビやETCの装着自体は特に珍しいことではなく、査定の際マイナス査定はあってもあまりプラスの評価がされないというのが正直なところです。
車パーツの買取業者にナビやETCを車から取り外して売ってしまう方法もありますが、自分で作業するには少しハードルは高く業者に依頼しても工賃を請求される場合もありますので損得を良く考える必要があります。

ほくろ除去クリームでほくろは綺麗に取れるのか?

婚活パーティーを東京で探す⇒